TOP
理事長挨拶
事務局
役員一覧
代議員選挙
委員会
会則
COI
入会案内
年次学術集会
学会英文誌
ニュースレター
学会賞・学術賞・学術奨励賞
関連学会情報
関連リンク
学会の歴史
SFRR ASIA
Join the SFRR

学会賞・学術賞・奨励賞・各賞

応募要領

☆日本酸化ストレス学会 学会賞

本学会会員であり、会員歴10年以上で、その業績が日本の酸化ストレス研究を代表しかつ世界に通用するものであり、本会の運営あるいは発展に特に顕著な功績のあった研究者に対し授与するものである。
 以下の学会賞規程の抜粋をご参照の上、多くのご推薦をお願いいたします。

応募方法

学会賞受賞候補者の推薦に際しては、推薦書及び推薦理由書に添えて、応募者の略歴及び業績リスト(当該研究に直接関係する主な学術論文リスト、日本酸化ストレス学会及び関連集会への貢献内容や受賞歴など)を提出するものとする。
加えて、学術論文リストに記載した主たる論文3篇の別刷(掲載が受理された論文の原稿を含む)を理事長宛に提出しなければならない。
論文はいずれも当該研究に直接関係のあるものに限る。ただし、総説を含めてよい。
※推薦書ダウンロードはこちらから

【自薦・他薦を問いません。】

締切: 2021年3月31日(水)*応募は締め切らせて頂きました。

選考・発表: 選考委員会で集約、検討後、理事会/代議員総会を経て、学術集会の際に発表いたします。

なお、受賞者は、
1.受賞者は受賞翌年の学術集会においてその業績について受賞講演を行う。
2.受賞者は、受賞より1年以内に学会誌JCBNに総説を寄稿する。
ものとする。


☆日本酸化ストレス学会 学術賞

   本学会会員であり、会員歴5年以上、50才以下(当該年度4月1日現在)で、過去の研究歴ならびに業績より総合的に判断し、本学会ならびに世界において今後の顕著な活躍が期待されるものに授与される。
 また、学術集会における筆頭発表者(口頭およびポスターによる発表)の経験を有するものとする。

応募方法

 学会賞応募に際しては、所定の応募用紙ならびに応募者の略歴および業績(A4用紙3頁以内)を理事長宛に提出する。なお、業績には学術論文リストに加え、日本酸化ストレス学会での主な発表履歴を記載する。(メールの添付にて事務局宛にお送り下さい。)
※応募用紙ダウンロードはこちらから

【自薦・他薦を問いません。】

締切:2021年3月31日(水)→ 延長 2021年4月23日(金)→4/30日(金曜日)まで

選考・発表:学術賞選考委員会で集約、検討後、理事会/代議員会総会を経て、学術集会の際に発表いたします。

なお、受賞者は、
1.受賞者は翌年の学術集会においてその業績について受賞講演を行う。
2.受賞者は、受賞より1年以内に学会誌JCBNに総説を寄稿する。
ものとする。

日本酸化ストレス学会 2021年受賞者
2021年 学会賞・学術賞・学術奨励賞・八木記念学術奨励賞/ High Citation Award受賞者一覧
今年度の各賞は、下記の方々が受賞されました。
おめでとうございます。
今後の益々のご活躍を祈念いたします。
学会賞
  豊國 伸哉(名古屋大学大学院医学系研究科)
学術賞
  石原 康宏(広島大学大学院統合生命科学研究科)
七里 元督(国立研究開発法人 産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門 細胞・生体医工学研究グループ)
学術奨励賞
  本間 拓二郎
(山形大学大学院医学系研究科 生化学分子生物学)
安田 大輔 (慶應義塾大学 薬学部)
八木記念学術奨励賞
  雨倉 咲希子(東京工科大学)
High Citation Award→過去の受賞者一覧
総説 内藤 裕二(京都府立医科大学生体免疫栄養学講座)
原著 髙木 智久(京都府立医科大学消化器内科)

学会賞
豊國 伸哉(名古屋大学大学院医学系研究科)
豊國伸哉
学術賞
石原 康宏
(広島大学大学院統合生命科学研究科)
七里 元督(国立研究開発法人 産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門 細胞・生体医工学研究グループ)
石原 康宏 七里 元督
学術奨励賞
  本間 拓二郎
(山形大学大学院医学系研究科
      生化学分子生物学)
安田 大輔
(慶應義塾大学 薬学部)
本間 拓二郎 安田 大輔
八木記念学術奨励賞
雨倉 咲希子(東京工科大学)
雨倉 咲希子
 


過去の受賞者   2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年
  2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年